kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

そのほか、投資(値下がり時に下手に動かないために)

f:id:kuma117117:20201026123323p:plain

仮想通貨のことを調べているのですが、その中で投資の根本に関わる重要な言葉にたどり着きました

 

投資をやる人は全員知っておいた方が良いと思ったのでシェアします。

 

『なぜ自分で考えなければならないのか?』

 

YouTubeのチャンネルで見つけた高橋ダンさんという方の言葉です。

ウォール街で働いていた人です(投資関係の方ですね)

 

youtu.be

 

それに続く言葉は『理解していいない人は値下がり時に持ち続けられない』です。

 

なるほどって思いました。

 

これは真理だなぁっと思います。

 

『浅くついていくだけじゃなく理解してください』

『あとで自分で困るよ』

 

海外にいたせいか主張する感じの声で、ちょっと聞いているとドキドキしてしまうのですが、なぜ知らなければならないのか、そのデメリットをきちんと解説しているところにとても好感を持ちました。

 

人は失う痛みを強く感じるようにできています。

 

だから上がっているときじゃなくて、下がっているときにこそ持ち続ける理由が必要になります。

 

それこそが理解です。自分が持っている金融商品がどういう性質のものなのか、自分が行っている投資手法がどう言った種類の方法なのか、デメリットはメリットはそれを知っていないと損している時に持ち続けられません。上がり下がりに一喜一憂して手放してしまうのがオチです。

 

ある調査で投資成績が一番良かったのは株を買ったのを忘れていた人、そして亡くなっていた人だという話がありました。

 

まぁこれはこれで理屈を知って保持しているわけではないのでダメなのですが、それくらい値下がり時に株を保有し続けるというのは難しいという話です。

 

S&P500とか長期保有をしている人も増えていると思います。

長期投資とは値下がり時も値上がり時もたんたんと毎月定期で買っていくことで利益を得る投資方法です。

 

このとき株を保有し続けるためにはS &P500とか全世界株式とかは、長期で定額積み立て投資することでほぼ確実に利益が出せる投資法だと知っておくことです。

 

そして利益を出すためには値下がり時に買い続けることが絶対に必要という理屈を理解する必要があります。

(できるなら値下がり時に買い増せた方がいいです)

 

最後に投資である以上自己責任であって自分以外のだれも責任を取ってくれないことを理解して続ける必要があります。

 

このリスクをきちんと取れる人が資産を増やす可能性を手に入れます。

 

高橋ダンさんの言葉にはこの全てが込められていて素晴らしいなぁっと思いました!