kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

そのほか、まんがラフ

 

 

ラフ(1) (少年サンデーコミックス)

ラフ(1) (少年サンデーコミックス)

 

 

あだち充の作品が好きでわりとよく読みます。

 

中でもラフって水泳のマンガが1番好きです。

 

めちゃめちゃすごい男子5人が同じ高校にいて、ヒロインが1人いて、ヒロインがその5人のうちの1人と実家のことでいがみ合っていて、だんだん仲良く…

 

みたいな話なのですが、あだち充はサラッと深い話を書くからなぁって思います。

 

一気に読めない。

立ち止まってちょっと息をついてからじゃないと深刻な話に入れないです。

 

登場人物が同じ顔でサラッと描かれているのになんでこんな濃密な話になるんだろうって驚かされます。

 

ドラクエに似ているのかもしれません。

想像させるのが上手な作家です。

 

時代はタッチの少し後くらいなのかなぁ。30年前の作品です。

 

きのう読み返して古臭さがなくてすげーなって思います。

 

ラフ、今も売ってるのかなぁっと思ってAmazonのぞいて見たら実写映画化してたんだって初めて知りました!

 

評価は読みましたが、それは語らないでおきます。

 

映画版ラフうたい文句が気に入りました。

 

ファンの間で最高傑作と言われる同作品を…

 

知らなかった。

 

ラフ ROUGH

ラフ ROUGH

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

ちなみに原作のラフもKindleで売られ続けていました。

(2020年8月Kindle化したみたいです祝!)

 

うれしい限りです。

人気作品に限ってはもう絶版って言葉は無くなりそうです。

 

サラッと読めるのに、読むたびに違う感想が湧きます。

(矛盾してますね)

 

サラッと読めるのに読むのになんか覚悟が要ります。

 

水泳マンガなのにめちゃめちゃ熱いです。

 

スラムダンクドラゴンボールはいつ読んでも同じ面白さがあって、そのカタルシスを求めて読むのですが、あだち作品はなんか違います。

 

いやあの面白さを求めて読むんですけど、想像させる余地が大きいからか、成長して読むたびに違った感想が湧きます。

 

あだち作品はサラッとしながら死別、病気、怪我とか深刻な問題もしっかり受け止めてしまいます。

 

全然別の話になりますけど、エロゲーとか恋愛系ゲームの主人公、無気力系主人公の先駆けってあだち充の作品じゃないかなぁって思いました。

 

力が抜けてるのにやるときゃやる。

かっこいいなぁって思いながら読みました。

 

エンディングがまた新鮮な終わり方で最高に好きです。

人によってはもやもやするかもしれませんが読むたびにこのエンディングが好きになります。

 

タッチの終わり方と似てるといえば似てるかもしれないです。

 

ともかくラフ最高におもしろいです。

ぜひ一度読んでみてください。