kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

そのほか、冷水浴び

 

スタンフォード式 疲れない体

スタンフォード式 疲れない体

 

 

※心臓の弱い方は絶対真似しないでください!

 

最近冷水を浴びることを始めました。

 

なんでそんな苦行を行うのかというと、健康にいいと本に書いてあったからです。

 

スタンフォード式回復浴って言うみたいです。

 

冷水と温水に交互につかるって話です。

 

私がやっているのはもっと簡単で、朝起きてシャワーを浴びるときに何も考えないで自分にシャワーを向けてシャワーを出します。

 

ポイントは何も考えないことです。

その行為に集中してただ水出すだけだよって考えながらその先の結末を考えないで水を出します。

 

クマ『ぎゃー』

 

お湯になるまで水が出ます。

 

お湯になるまでもったいなかった水を自分にかけるエコです。

 

効果はわりとすごくて、一瞬で戦闘モードに入れます。

 

介護やってるとあるお客さんが死にそうな時とか、行くはずのお客さんちをすっぽかしていた時とかになるモードですね。

 

冷や汗がドッと出ます。

 

これを疑似体験できるのが全身に水をかぶった時です。

 

自分では入れられないスイッチを押せる気がします。

 

そしてそのあとでお湯のシャワーを普通に浴びるのですが、シャワーのあとで体がポカポカしています。

 

冷水をかけられたことで、体が温めなくちゃってなってるんだと思います。

 

朝起きて一気に最速のギアに入れる感じです。

 

クマがこの苦行始めるまでに多分2、3年かかっています。

 

冷水をかぶるなんて苦行クマもやりたくないです。

 

認識が変わったのはサウナのあと水風呂に入った時感じた心地よさです。

 

 


オリラジ藤森慎吾の特別授業②究極の快感「ととのう」を熱血プレゼン

 

これを見てやってみたミーハーです。

 

冷水のシャワーと別なのですが、サウナをしっかりがまんしたあとで、入る水風呂は苦痛でありながら極楽でした。

 

自分の体の中に温かい流れと冷たい流れがあって、それが体の中で混ざるような奇妙な快楽でした。

 

ピタリと体の中が心地よい温度で整ったあとサウナを出る。

 

そしてポカポカした体でベンチに座る。

 

寝られる場所があるなら寝っ転がる。

 

じんわりとしたものが体から溢れているようななんとも言えない快楽。

 

あれを味わってから水風呂ってただしんどいだけじゃないんだって思えました。

 

だからそう言えばと思って試したのですが、最初に冷水をかぶった時がなんか劇的でした!

 

すっきりしました。

 

顔を洗うとか普通にシャワーを浴びることでは感じられないくらいスッキリしました。

 

誰にでも勧められるわけではないですし、心臓に持病を抱えていたり、そもそもが苦行ではあるのであくまで自己責任でお願いしたいのです。

 

ただ昔から日本でやっている冷水を浴びるって実は本に書いてあるくらい有名ですぐできる健康法なんですよって伝えたくて書きました!

 

こちらのサイトに詳しいやり方が書いてありました。

よければ参考にしてください!

beauty.kokode.jp