kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

格安SIM、Xモバイル

xmobile.ne.jp

Xモバイルの代理店の権利を取得する試験にも合格して、Xモバイルも代理店として活動できるようになりました!(正確には通信省に登録終えてからですが)

 

なんでXモバイルという会社の商品について書いていこうと思います!

 

会社概要としては

格安SIMが解禁された2013年にできた会社でもう7年目、細々と格安SIM事業を行ってきて、ここにきて一気に広告展開している。

 

格安SIMとしてのメリットとしては、

・ギガ数(通信容量)が細かく料金設定されている。

・ネットで自分で自由にギガ数を変えられる(翌月反映)

・1万回線ユーザーがいるので、通信速度が安定して早い(格安SIMの中では)

・電話のサポート窓口がある。

・2年目以降も料金が変わらない。

・ドコモ回線の格安SIMなので、そこからの乗り換えが楽。

 

ということが挙げられます。

 

1万回線を超えている格安SIM800社以上ある中で実はほとんどないらしく。

1万回線越えると独自の回線がもらえるようで通信が早く安定するという話でした。

 

デメリットとしては

・料金がごちゃごちゃして分かりづらい。

・尖ったサービスがない。

・12ヶ月以内に解約すると違約金が1万円かかる。

 

ということが挙げられます。

つまり特徴がないってことですね。

 

なんで今までパッとしなかったのだと思います。

 

で多分考えられたのが限界突破WiFiだと思います。

youtu.be

メリットとしては

・月150GBの大容量(限界突破してないじゃないかというツッコミは受けます)

※3日で5GBの速度制限ついています。3日目の夜12時で容量リセット。

・速度制限がかかっても最高速度下り4Mbps/上り1Mbps出る。

・2年目もずっと月額3500円

・デザリング最大8台できる(意外とできないポケットWiFi多いです)

docomoauSoftBank格安SIM回線の中で空いている回線を自動で選んで使っている(クラウドSIMという技術)

・海外でもそのままのSIMで使える(1日ごとに別料金がかかります)

・画面がついているので操作しやすい。

・ポケットWiFi単体でも地図での道案内、翻訳機として使える。

・フル充電すると15時間使える。

スマホの持ち運び充電器としても使える。

 

が挙げられます。

 

デメリットとしては

スマホと同じWiFi端末を持たなければならない。

スマホと2台充電しなければならない。

・忘れるとスマホがネットにつながらない(電話はできる)

・12ヶ月以内に解約すると1万円かかる。

 

という感じです。

 

クマは正直これをめちゃめちゃ使いたいなぁと思っていました。

自宅のau光の解約できるし、結果的にめちゃめちゃ節約に繋がります。

 

マインモバイルという大容量の格安SIMを契約して、それにもデザリング機能ついているので、さすがにその上でポケットWiFi持つのは無駄だなぁと思ってやめました。

 

最後にLCAに入ると権利が手に入る口コミビジネスもXモバイルという会社を尖らせているかなぁと思います。

 

格安SIMWiFiも結局知らないから怖いし面倒なんで、信頼している人がそれを紹介できたり使い方を説明できたらそれはやっぱり強いと思います。

 

口コミビジネスで広げられるのもXモバイルの強みだと思います。