kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

そのほか、最高の映画


最近コロナで暇なので、YouTubeで映画のあらすじや解説をよく見ていました。

 

ただあまりに見過ぎてしまい、自分の好みの見てない映画のレビューはだいたい見てしまいました。

 

そして好みじゃないジャンルのあらすじを見るか。それとも昔見たことのある映画のあらすじを見るかしか選択肢がなくなりました。

 

結論どちらもやっているのですが、その中で『シャッターアイランド』という映画についてのあらすじとレビューがとても面白かったのでそのことを話します。

 

シャッターアイランドはクマが以前見たことのある映画で、正直つまらなかったという印象でした。

 

どんでん返しがウリの作品なのですが、それを見るまえにエロゲーで似た作品を見たことがあったからです。

 

あとDVDの煽り文句がよくなかった。

ラスト何分ですべてがくつがえされる…

 

で、途中でクマはネタバレに気付いてしまい、以前同じようなものを見たことがあって、脳は真新しさのないつまらない作品と分類しました。

 

なんでまぁラストシーンはそこそこよかったけど総合して退屈な映画が私の中のシャッターアイランドの印象でした。

 

それをあらすじで見直して、他人というフィルターを通して見るという行為のおもしろさを知りました。

 

シャッターアイランドは最高の映画だと評価している人のレビューでした。

 

その人の経験、感覚、感想を通して映画を見ると、あれほどつまらない印象だったシャッターアイランドが最高の映画に見えてしまうのです。

 

シャッターアイランドが大好きな人が、ベストシーンを集めて伏線回収の見事さラストシーンのディカプリオの演技を語る。

 

好きという気持ちで編集された動画がクマに好きという気持ちをインストールしたイメージでした。

 

これからの時代はファンが多い人が影響力を強めていくとよく聞きます。

 

今回好きという気持ちが人に与える影響の強さを感じさせられました!

それはけっして嫌な気持ちではなかったです。

 

洗脳のような押し付けられる印象ではなく。自分の大好きな作品をそこなわず人に伝えたいという気持ちが、心地良かったです。

 

他人というフィルターを通して見れば世界は無限の輝きがある。

 

世界の現象は人を通せば何度でも楽しめる。

そう思いました!