kuma117117のブログ

おっさんが1億円稼ぐのを目指すブログです

MENU

【食レポ 定食屋 五反田 2019/12/17】

f:id:kuma117117:20191218192707j:plain



五反田でたまに食べている店の食レポを書こうと思ったのですが、店の名前がネットで探しても出てこない。

店に看板もない。

 

店主のおじさんに聞いておけばよかったです。

 

ともあれ食レポです。

 

とても入りにくいお店です。

上に書いた通り名前も出てないです。

 

だいぶ古くからやっている店のようで、五反田に地下鉄ができる前からあったそうです。

 

そのころからある店は、かね将さんくらいだったと、店主と常連のお客さんの話で聞きました。

 

お店の定食はどれも1000円前後でお腹がいっぱいになります。

これでもかと小皿が並んで出てきます。

 

そして山盛りのご飯。

 

テレビではBSで時代劇が流れてます。

 

メニューはたくさんありますが、店主が仕入れてないとそのメニュー頼めません。

 

なんで昨日も何があるか聞いて、寒ぶりの定食を頼みました。

なので値段も分かりませんでした。

基本焼かれて出てきます。

 

最初にテロテロに茹でられた枝豆が出てきます。

お酒を頼まないと、温かいほうじ茶が出てきます。

 

まったり食べます。

 

枝豆ぷちぷちするの楽しいです。

ただ、なぜここまでてろてろにするのか?

まだ聞いたことがありません。

 

皮ごと食べられるのかな?

 

テレビでは桃太郎侍に悪代官がやられています。

 

この店に来ると時代に取り残されたような風情があって、それを味わいたくて来ています。

 

待つ事10分、これでもかと皿でテーブルが埋まります。

f:id:kuma117117:20191218192753j:plain

クマはけっこう食べられる方ですが、それでも全部食べられない時もあります。

 

あと店主、青唐辛子おしで、みそ汁が辛かったりします。

かならず一品には入っています。

 

焼いた寒ぶりを大根おろしに、たっぷり醤油をかけて食べると、油がたっぷりでおいしいです。

 

もりもりごはんを食べます。

 

これでご飯を半分ぐらいになります。

 

刺し身のタコ、イカを食べます。

この組み合わせも珍しい気がします。

 

甘辛いくらげの上に青唐辛子が乗っています。

ピリリと辛くて、コリコリおいしいです。

 

納豆の小皿、食べるタイミングが難しいです。

納豆をタレでなく、しょうゆで食べるの久しぶりです!

豆の味をしっかり感じます。

 

サラダにたっぷりマヨネーズをかけて食べます。

 

ここらへんでお腹いっぱいですが、最期ひじきで残りのご飯をたいらげます。

 

時代劇を見ながら、まったりと残りのほうじ茶を飲みます。

 

桃太郎侍が終り、笑点がはじまりました。ほんといつの時代だろう。

 

おじさん『(笑点メンバー)今はみんな変っちゃったね』

🐻『なつかしいですよ』

おじさん『ま、このころおもしろかったもんね』

🐻『ええ』

お茶を飲み終わる。

🐻『会計いいですか?』

おじさん『900円』

🐻(今日は1000円いかなかったなぁ)

 

そんなことを考えながら、支払いをすませて外に出ます。

どっと、寒さと音と情報があふれてきます。

店の余韻を楽しみながら、雑踏を歩きます。

f:id:kuma117117:20191218192900j:plain