kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

【逃避の名言集(著:山口路子)】

逃避の名言集 (だいわ文庫)

逃避の名言集 (だいわ文庫)

  • 作者:山口 路子
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: 文庫
名言、解説の順番で、いくつもの逃避の名言が書いてあります。イメージ写真もとても多いです。

ぱらぱらめくって、好きな言葉から見られます。

この本を読むと、なんとなく息が大きく吸えるような気がします。

名言を2つだします。
私の大好きな言葉です。

『特に深刻な事情があるわけではないけれど、私にはどうしても、精神的な逃避が必要なのです』フランソワーズ・サガン(フランス小説家)

 逃避の名言集のサブタイトルにもなっている言葉です。

 わかる!と思いました。

 サガンは実際に旅に出たようですが、人生には遊びが必要って話かなと思います。
サードプレイス(家、職場いがいの第三の場所)、秘密基地みたいな場所がもとめられているような気がします。

 逃げ場所があるから戦える。そんな気がします。すべてに意味を求められるほど、人間合理的じゃないですから。

2つ目

『つまらないことをし続けると頭が麻痺します』大庭みな子(作家、啼く鳥のより)

 愛想笑いはほどほどにって意味かなって、私は理解しています。

 楽しくないことを笑いながらやると、心がきしむ気がします。

 何がよくて何が悪いのかわからなくなる。それは生きる意味をあいまいにしてしまいそうで、だから私はこの言葉を肝にめいじています。

 こんな感じであざやかで毒の強く、頼もしい言葉が並んでいます。

 人生がなんとなくつまらないとき、行き詰まったときに、ぜひ手にとってください!