kuma117117のブログ

クマの楽しいを広げるブログ

MENU

【PLAY WORK(著:ピョートル・フェリクス・グジバチ)】

著者ピョートルは元Googleで人材開発やリーダーシップ開発の分野で活躍して、現在は独立して2社の会社の代表取締役をしている方です。

本書はイエローの本に、楽しそうな絵で、書店でもすぐ目につきました。

この本とても読みやすいです。

ポップな絵と、写真も多く使っており、大事なところはアンダーラインが引かれているからだと思います。

内容は、遊ぶように働こうという本です。

どうすればそうできるか❓

『働く』を一番に置いてしまうと、うまく遊べないし、働けない。
だから、『自分が何を実現したいか』を明確にして、仕事はその手段ととらえた方がよいのではないか。
 
 という話です。
 
 そのためにまず、自分とは何者で、何を実現したいのかを問う必要があります。

 そうしてはじめて遊ぶように働くベースができます。

 そのためこの本では

 1自己認識:自分のことを深く理解する
   ⬇
 2自己開示:自分のことを周囲に開示する
   ⬇
 3自己表現:他社、会社に価値を提供する
   ⬇
 4自己実現:自分にしかできないことを実現していく。

 の4段階で展開展開されます。

 最終的に4を目指すのが、本書の目的です。

1自己認識:ポジティブな質問で自分を深掘りしていく。職業や肩書きではない自分を知る。
またその際の注意点は『なにを』、『どうやって』を求めないこと。
なぜなら幸せとは自分という『なぜ』を深堀して知っていくことだと思うからと著者は言います。

2自己開示:自分を語ることでフィードバックがもらえる。そしてより自分を知ることにつながる。またそれは次の自己表現のための土台になっていく。
こんな仕事がしたいと発言していくことで『こんな仕事』のプロジェクトがはじまるとき、みんなの頭にあなたの顔が頭に浮かびます。

3自分が何を提供できるか考え、その価値を高めていく。固定観念をうちやぶってあなただけが提供できる価値を高めていく。
そのために常識、パターンを壊して、クリエイティブなカオスを作る必要がある。

自己実現し遊ぶように働く。
 完璧をやめると、みんな助言してくれる。好きなことをやるとフロー(集中)に入りやすい。
 などなど、遊ぶように働く助言が書いてあります。

 また、遊びながら働くといっても、だからこそ結果を求める。

 不得意を補うペアで動く場合も、しっかりコミュニケーションをとり、責任の明確化が欠かせない。

 チームで発言をするなら強いリーダーシップ(責任)を持つ(そうでなければ集団の強みを生かせないと著者は言います)

  それぞれの役割で、みんながリーダーシップを発揮することがプレイワークには欠かせないと。

 この本は人間のパワーを存分に引き出す働き方の本だと思います。

 『こんなことしていいの❓』ということが、根拠をもって書かれています。

 興味のある方は、読んでみてください!