kuma117117のブログ

おっさんが1億円稼ぐのを目指すブログです

MENU

食レポ、カレーうどん(オリジン弁当)

f:id:kuma117117:20200408074127j:plain

最近のお弁当屋さん、できたての料理を出してくれるのでうれしいです!

 

最近のお好みは、オリジン弁当の麺類です。

 

クマはうどんが好きなのですが、オリジン弁当カレーうどんはかなり質が高いです。

 

具は青ネギと豚肉だけなのですが、豚肉が大量に乗っていてこの肉がかなりボリュームがあります。

 

豚肉は煮込めば煮込むほどうまい気がします。

牛肉より甘くて気を使わないので好きです。

 

うどんもつるつるしこしこで、おいしい。

うどんチェーンの麺よりおいしいんじゃないかと思います。

 

寒い夜にあたたかい麺をすすりこむ幸せ。

最高です!

 

ツユもだしが効いて豚肉の油もあっておいしい。

おにぎりを食べつつ汁をすする幸せ。

 

炭水化物×炭水化物なので、栄養偏るのですが空腹のときには沁みます。

 

さてオリジンの難点として、イートインスペースがないことです。

なんでクマは近くのイートインスペースがあるコンビニで、飲み物だけ頼んで食べています。

 

冷めてしまうとせっかく作ってくれたのに残念なので、家が近くにあればいいのですが、近くにないときはコンビニに悪いなと思いながら、イートイン料金で飲み物買って食べさせてもらっています。

 

オリジン弁当じつは会社帰りだとなんて並んでいるくらい人気です。

料理の質も高いので温かい料理食べたいときは、ぜひ立ち寄ってみてください!

そのほか、ZooM使ってみました!

f:id:kuma117117:20200407145745p:plain

 

いまさらと言われそうですが、ZooMという映像会議のツールを使ってみました。

 

これがめちゃめちゃ使いやすい。

 

セキュリティに問題があるのではないかという評価もあったのですが、この使いやすさは神です。

 

クマは月に1回友達とあってブログについて意見をもらっているのですが、今回集まるのが緊急事態宣言で自粛する方向になったので、ネット会議のツールをしらべて、ZooMに出逢いました。

 

・2人で使うには無料

・3人以上でも40分まで無料

・資料を共有して、お互いにアンダーラインなど引きあえる。

 

という特性があります。

そして操作性が抜群です。

 

アプリをインストールして、Id登録してアプリから友達のメールアドレスに招待のメールを送って、アプリから入ってもらえば顔を見て話せます。

 

これいろいろなことに使えそうだなぁと思いました。

 

カフェ会が現状そもそも対面で会うのが難しい状態になっているので、オンラインで会えたらいいなぁと思いました。

 

こっちも試してみようと思います!

 

西野亮廣さんも言っていますが、オンラインキャバクラに使ったりもできそうです。

 

まだ友達と1対1でやっただけなので、複数人でもやってみようと思います!

 

コロナというのは時代と考えたほうがよいと西野亮廣さんは言っています。

 

わたしはいまは季節の変わり目のような時代の変わり目で、その流れを加速させる春雨のようなものがコロナウィルスなんじゃないかなぁと考えています。

 

コロナだから仕方ないじゃなくて、部屋に居ながら人脈を広げたり、楽しめるようになっていける。

 

それは今後通常の状態に戻っても、できることの厚みが増えそうです。

 

ピンチとはチャンスだといつも思います。

悔いるより前を向いてできることをやっていきたいと思います!

食レポ、カツ丼(北越谷環翆)

f:id:kuma117117:20200406071135j:plain

食レポくらいしかあげられるものがなくなってしまいました…

 

なんで、ネタがない時は休むかもしれません。

 

さて、近所のめちゃめちゃおいしい料理を出す和食料理環翆さんのカツ丼です。

 

見てわかると思います。

とろっとろの卵と、しっかりした黒豚のカリッカリのカツ、その2つが見事に融合したカツ丼です。

 

千円でボリューム満点、もりもり食べてしまいます!

 

そして個人的にすごくうれしいのが、漬物と味噌汁です。

 

野菜が美味しい。

 

今回は菜の花の漬物にマスタードつけたつけものと、わかめ玉ねぎ小ネギのみそ汁、カツ丼のあいまに菜の花の漬物をシャキシャキと食べて、玉ねぎのあまいみそ汁をすする。

えもいわれぬ満足感に包まれます。

 

ここの料理、カツ丼以外もとても丁寧で、心が満たされます。

 

カツ丼も出汁の味が美味しくて、揚げ物のガッツリした肉のしっかりした味と、柔らかくしっかりした和風味が美味しくて奇跡的で、フタを開けた瞬間の立ちのぼる湯気、香りにハシが止まりません。

 

お腹も心も満たされて、ほうじ茶を飲み干すころには、満点の笑顔になっています。

 

わたしにとって特別なお店です。

 

北越谷お立ち寄りの際はぜひご賞味ください!

tabelog.com

そのほか、高円寺

f:id:kuma117117:20200405055410j:plain

出歩けないし、ナンパ できないとネタがない…

 

食レポがどうしても多くなります。

なんで今回は街について語ってみます。

Uber eatsという切り口ではけっこう話しているのですが、ふつうの街に関してははじめてだと思います。

 

高円寺になじみの美容院が移転したので、行ってきました。

約束の時間までぶらぶら歩いていると、あらためて不思議な街だなぁと思いました。

 

一見さんお断り、通好みの入りにくいお店、古着屋、美容院、CD屋があります。

 

どぎつい原色の店があったり、入りにくいほかの街ではもう絶滅したようなお店が多く残っています。

 

生命力がある街だなぁと思いました。

 

なじみの美容師さんいわく、高円寺は日本のインド、その名前にとてもうなずきました。

 

よくわからない力であふれている。

 

以前1度はしご酒会という会できたことがありました。

高円寺に住んでいる芸人のサボテンサトシという人が会の主催で、いろいろ教えてくれました。

 

警官も駅前の弾き語りとかラップとか見逃してくれる。

朝の高円寺はストロングゼロがたくさんおちているダメな街だ。

芸人、役者、歌手目指している人がたくさん住んでいる。

 

最近勘違いされているけど、ぜんぜんおしゃれな街じゃない。というのがサボテンサトシさんの言でした。

 

ただ、ほかに変わりが効かない不思議な街であることは確かだと思います。

 

夜は駅前で芸人が無料でグチ聞いてくれるサービスがあったり(いまあるのかわからないですが)、駅前でずっと酒飲んでるおじさんがいたり(ストロングゼロ何本も飲んでます)駅前では朝から若い男性が朝からギター弾いて熱唱しているし、道端では浮浪者の男性が気持ちよさそうに転がっているし、商店街が長く広がって、昔ながらの八百屋さんが声上げてます。

 

コロナで元気がない東京の中でなんだか元気をもらえました!

そのほか、天命と才能について

youtu.be

天命とか、才能とか、私が知りたい人生の命題みたいなものに近い気がして、よくそういう動画とか見るのですが。

 

斎藤一人さんと櫻庭露木さんの話を聞いて、考えさせられたのでシェアします。

ちなみに上の動画は斎藤一人さんのお弟子さんの動画です。

 

斎藤一人さん、才能のあることはその道を目指すとわくわくする。

その道の結果として、苦労した結果楽しいことが待っているんじゃなくて、その努力している過程でも、ともすればその方向を向いただけでわくわくする。

それが才能という話でした。

成功とは違うのでそこは勘違いしない方が良いと思います。

 

櫻庭露木さんの話は頼まれごとは試されごとという話でした。

頼まれたことには即座にはいと答える。それが運がよくなるために必要という話でした。

中村文昭さんと似た考え方だなぁと思います。天命追求型という生き方みたいです。

この根底にあるのは、天命は自分ではわからないという話ですね。

世のため人のためになって初めてその道に導いていかれる。

そういう話なのかなぁと思います。

 

でこの2つの話をクマの実体験に結びつけて考えてみました。

 

クマは本が好きです。ただ知識を得られれば動画でも、漫画でも、口コミでもなんでもよいという考え方です。

となると本が好きとか読むのが好きというのは必要な行為であって、才能ではないみたいです。

 

職業ではクマは転職しています。

工場で同じ作業をひたすら繰り返すのが苦痛だったから、1日1人で働ける仕事だったのですが、さびしかったのが1番問題でした。

あと1年がほんとうにあっという間に過ぎ去ったので、このまま人生過ぎ去ってあっというまに終わるのは嫌だなと感じて工場を辞めました。

 

それから小説家を目指して3年間書いてみましたが、それもダメでした。

小説を書くという行為をずっと続けるのが苦痛でした。1日3時間くらい書くのはいいのですが、それ以上はとても書けませんでした。

村上龍さんなんて1日18時間書けるそうなので、才能ではないようでした。

そもそも3時間終えてほっとしているので、才能ではないと思います。

 

逆に介護という仕事は10年近くしているのですが、キツいときも苦しいときもあったけど、それ以上に与えてくれる楽しみのほうが多いです。

1日12時間以上仕事があってもそれでも次の日仕事に行くのが嫌じゃないです。

 

夜勤とか16時間働くわけですが、むしろ休み休み働けるので楽です。

 

認知症のお客さんに囲まれて働けるいま、すごい幸せで、それが少し申し訳ない気がします。

 

Uber eatsに関しては、東京という街のわりと深くまで覗けること。それぞれの区の特性が違うこと、自転車に乗れること、季節の風景をランダムで楽しめること。

私にとってメリットが大きいです。でもこれは才能じゃないです。

好きていどな気がします。東京でUber eatsやりつくしたら辞めるでしょうし、都内に勤めなくなったらやらないと思います。

 

ブログに関しては、人に見てもらえる。そのPV数で客観的な結果が見えるのがうれしいです。

自分なりにやっていると、なんというか自分の機能の半分を殺している気がします。意外な記事に人気が出たり、おもしろいです。

 

ブログは友達にも見てもらって意見を聞いているのですが、これもまた、自分だけだとよけいなことやったり間違いすぎてしまうのを、方向修正するのにとてもとても役にたち、助かっています。

 

でもブログも好きレベルで、才能と呼ぶものではない気がします。

 

とか考えていくと、才能とはこれで死んでもいいことかなぁと思いました。

 

だから才能のあるなしは関係ない。あればなおいいけど、それ以上に死ぬまでやりたいし、できるなら死んでもやりたい。それが才能なのかなぁと思いました。

 

そして天命というのはスロットのような気がします。

 

自分にとってよい。相手にとってよい。世間にとってよい。神様にとってよい。

 

それがスロットのように絵柄がつながっていくと、天命と呼ばれるものになるんじゃないかと思いました。

 

ちょうど今朝配信された動画に天命の話があったのでそう思いました。

 

これからカフェ会を開いて人と知り合って、できるならその人の才能を伸ばすコーチングみたいなことやっていきたいなぁと考えています。

 

なので今回そんなことを考えてみました。

 

現在カフェ会池袋で開いているのでよければ参加してみてください!

ssl.form-mailer.jp

※2020年4月のカフェ会予定です。

食レポ、ラーメン(永福町大勝軒)

f:id:kuma117117:20200403085415j:plain

杉並でUber eatsした帰りに大勝軒を見つけて入りました

店はこんな時期でしたが混んでました!

 

メニューがシンプル、中華麺しかない。

それにサイドメニューつけるか、チャーシュー麺にするかです。

 

ここの中華麺、本家池袋大勝軒と味がだいぶ違います。

 

麺がやや太くて柔らかいとか、つけ麺じゃないとか、ツユが魚介ベースじゃないとか色々あるのですが、何よりの特徴は量が多い(中華麺単体で1000円超えます)

 

クマはわりと大食いですが、ツユまで飲みきれませんでした。

 

そして旨い。

 

冷たい風の夜にありがたかった。

f:id:kuma117117:20200403085535j:plain



大勝軒というより、そのシチェーションと大盛り熱々のラーメンが五臓六腑に染み渡りました。

 

生卵付きの中華麺頼んだのですが、むしろ生卵余分でした。

あの量と質だったら、中華麺一本で十分でした。

 

シンプルな醤油味のやや甘みのあるツユに、やわらかめの太麺をずるずるやる快感、頭をハンマーで殴られたような旨さです!

 

はなみず垂らしながらすすりました! 

 

噛み締めて飲み込み、またすする。

ひたすらくりかえして、あっというまに麺を食べました。

油多めのチャーシューもおいしかった。

 

ツユを飲むのですがこれまた旨い。

 

でも胃の容量が足りなかった。

 

これから自転車で駅まで戻るので、無念と諦めて席を立ちました!

 

寒い中お腹ほこほこで、シェアサイクル返すポート目指しました。

表参道のポートを目指しながら、疑問が2つ。

 

普通の中華麺でもチャーシューたくさんあるのに、チャーシュー麺どれだけなんだろうってこと。

 

そして同じくメンマ追加バージョンがメニューに書いてあること。

 

どんだけマシマシにするんだろう…

 

ミステリアスです。

 

ともあれ寒い夜は正統派が最強だとわからせてくれた店でした!

 

杉並区永福町お立ち寄りの際はぜひぜひ食べてみてください。

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13011769/

副業、Uber eats23区やってみて

f:id:kuma117117:20191223071141j:plain

Uber eatsを23区でやってみた感想になります!

 

半年前にUber eats始めたときよりもずいぶんUber eatsが定着した気がします。

 

なのでそのときとは状況は違うのです。

 

1番の感想としてUber eatsで23区ならどの区でも稼ぐことができるなと思いました。

 

稼ぎのいい区はたしかにあるのですが、そこまで行かなくてもそこそこ稼げるようになっている印象です。

 

現金払いでやるとさらに稼ぎはいいのですが、2万円くらい崩してないと1日配達すると問題になりそうです。

 

現状100回以上Uber eatsをやると、強制的に現金回収するようにアプリで設定されているので注意が必要です。

 

そのほかはアプリも洗練され、トラブルも少なくなっている印象です。

同じ慣れた区でやり続ければ、さらにトラブルは減るでしょう。

 

アプリトラブルの対策としては、住所が表示されないトラブルが最近多いので、その場合は、

①アプリの再起動

②端末の再起動

③アプリを一度アンインストールして入れ直す。

を順番にためすと、きちんとだいたい表示されるようになります。

 

なんでここ2ヶ月はサポートセンターに連絡する必要がありませんでした。

働きやすくなっているイメージです!

 

せっかく23区でやってみたので印象に残っている区を3つ上げてみます。

 

①港区

 

1番多く配達した区であり、1番依頼が多かった区です。

 

タワーマンションやそれより高いマンション、豪邸からの依頼が多く。

アイス1個の依頼やタピオカ1本の依頼も多かったです。

 

住んでる世界が違うを体感できて楽しかった!

 

最初にUber eatsを行った区で、依頼がたくさん来すぎて、トラブルも多かったのが印象的です

 

台東区

 

正確には台東区近辺ですね。

 

港区、渋谷区、品川区でひっきりなしに配達して、Uber eatsキツイなと思っていたとき、東京の東側でUber eatsをやってみて、ほどよい配達頻度と、下町の風情が楽しかった。

 

西側だと、なんか雑多な街は負け組、シュッとしたかっこいい建物が多い場所は、勝ち組って印象が強かったのですが、台東区近辺はその印象があまりないです。

 

日曜日の夕暮れこの街を走るのが楽しかった!

 

江戸川区

 

とにかくシェアサイクルポートから遠かった印象です。

しかも14時からずっと依頼がなかったのが印象的です。

 

夕方から夜にかけて依頼が続けてきたのと、台湾、韓国のお店が多く。どこか異国情緒だったのが印象的です。

 

昭和の東京みたいでした。



23区でUber eatsやってみて、東京のことがよくわかって、東京という街をより理解できて、より好きになったのが1番大きかったと思います!

 

よく行く街も通り一本入ると印象ががらりと変わるのが面白いです。

 

あと1日配達すると発見が必ずある気がします。

 

Uber eatsよければやってみてください!

https://www.uber.com/jp/ja/drive/delivery/